2012年07月04日

東野圭吾の、はまってしまう小説

東野圭吾の、はまってしまう小説。もともとあまり知らなくてドラマで名前を聞いたのが始めでした。流星の絆はドラマでみて面白かったし、白夜行、容疑者Xの献身も面白かったです。ドラマではやっぱりガリレオが一番好きでしたね。手紙、麒麟の翼、これからもどんどん面白い小説を書いてくれそうで楽しみです。東野圭吾の、はまってしまう小説Best3!1位は夜明けの街で、2位は赤い指、3位は流星の絆。夜明けの町、赤い指は読んだことがないので今度読んでみたいです。
posted by gambles at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/278863694

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。